信州棚田ネットワーク

ABOUT US 信州棚田ネットワークについて

信州棚田ネットワークの設立にあたって

長野県には、「日本の棚田百選」に認定された16か所の棚田をはじめ、広い県土に多くの魅力的な棚田があります。

棚田は、農作物の生産の場だけでなく、国土の保全、水源のかん養、良好な景観の形成、伝統文化の継承等の多面的機能を有しており、県民全体の財産です。

しかし、保全管理している農家の減少や高齢化等により、荒廃の危機に直面しています。

棚田を守り、次の世代に伝えていくことが地域全体の元気に繋がっていく、そんな取組が重要です。

県では、棚田保全団体等の情報の共有化を図り、信州の棚田の魅力を効果的に発信する「信州棚田ネットワーク」を設立し、県内外の棚田ファンを増やすとともに、多様な主体の連携・協力を促進して、棚田の保全と活性化に繋げることとしました。

「信州棚田ネットワーク」を一つのきっかけに、様々なイベントや企業・学校等との連携を通して、棚田地域と県内外の地域との交流を増加させ、棚田地域全体の活性化が図られるよう取り組んでまいります。

趣旨にご賛同いただき、参加していただいた関係各位には、改めて御礼申し上げるとともに、「信州棚田ネットワーク」の取組がさらに拡がり、棚田を保全する多くの関係者の皆様に活用されることを期待いたします。

平成31年4月1日
長野県農政部長 山本 智章